糸電話攻撃!?狩猟笛 鉄蟲糸技 震打(しんうち)

モンスターハンターライズ(MHRise)から実装された、新要素「鉄蟲糸技(てっちゅうしぎ)」。

今回は、狩猟笛の鉄蟲糸技「震打(しんうち)」について、詳しく解説していきたいと思います!

なお、ご存知かとは思いますが、鉄蟲糸技は全て「抜刀中」にしか使えませんからね~

《週間人気記事Best3》

狩猟笛紹介公式動画

Nintendo Switch『モンスターハンターライズ』武器紹介動画:狩猟笛

まずは、両鉄蟲糸技も登場しているので、公式動画でイメージをつかんでくださいませ!

震打(しんうち)はどんな技?

MHRise鉄蟲糸技震打(しんうち)
震打公式説明

公式説明では、「鉄蟲糸を絡めた刃を獲物に打ち付け、超震動による音撃を獲物に流し込む。」となっています。

震打(しんうち)基礎情報

震打(しんうち)基礎情報
  • コマンド:ZL+A
  • 翔蟲消費量:2匹
  • 再使用時間:35秒(1匹17.5秒)

震打の読み方は?

勢いをつけて笛の先端をモンスターにぶっ刺し、その後糸電話の要領で音撃を送り込む、何だかカッコいい技。

読み方は… 「しんだ?」「しんうち?」「ふるえうち?」

とりあえず当ページでは、語呂の良さそうな「しんうち」にしておきましたよっと。

ダメージ高めだが、発動が遅い

攻撃アップなしでアオアシラの頭に当ててみた所、「ぶっ刺し73ダメージ+音撃147ダメージ=220ダメージ」となっていました。

ダメージは高めだけど、如何せん発動までが遅い震打

「ダウンチャンス時のコンボの〆」とかの確定ヒットには、積極的に狙っていきたい所です。

「モンスターの行動を先読みして置いておく」的なヤツは… はい。筆者にはムリそうです(苦笑)

再使用時間は最長の35秒

震打の再使用時間は、今回の体験版鉄蟲糸技で最長の35秒

翔蟲消費も二匹なので、スカるとかなりのロスですよね。

震打を上手く当てられるかどうかが、一流カリピストの必須条件になりそうです。

震打にも強SAあり!

笛をぶっ刺してから音撃発動までは、SA(スーパーアーマー:怯み無効)が付いています。

咆哮無効化できたので、こちらも強SAの方ですね。おそらくダメージ半減効果もあると思います。

しかしMHRiseの狩猟笛は、演奏攻撃にも無敵時間が付いてたりと、やたらと強武器になりましたよね~

狩猟笛 鉄蟲糸技「震打(しんうち)」まとめ

MHRise鉄蟲糸技震打
糸電話ごっこ

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今回は、狩猟笛の鉄蟲糸技「震打(しんうち)」について書いてみましたが、いかがだったでしょうか?

ちゃんと当てられれば、かなり強い震打。

しかし、再使用時間が”鉄蟲糸技中最長の35秒“なので、外すとかなりのロスになりますね。

とりあえず筆者は、ダウン時コンボの〆とかの当て易い所から、練習してみようと思います。

あと、もやもやするので、誰か震打の読み方確定してくれませんかね(笑)

狩猟笛 鉄蟲糸技「スライドビート」の記事はこちら~